読書大好きぐるるんが、ビジネス書、育児書、お勉強本のレビューを中心に、ちょこちょこつぶやいていきます。


2011/05/20(金)10:33
『食べて、祈って、恋をして 女が直面するあらゆること探究の書 (RHブックス・プラス)』
食べて、祈って、恋をして 女が直面するあらゆること探究の書 (RHブックス・プラス)

昨日の続き…

自分のための無限とも思える時間。
都会での心躍る生活。
メールすればすぐ会える距離にいた、気心の知れた友達。
気兼ねなく行けたはずの飲み会。

そういったものは失ったかもしれないが
少なくとも私は、子供たち、その子供たちが走り回る姿を
木陰に座っておだやかに眺め、
私はこのすべてを生み出した人間だという
満足感・アイデンティティを得る切符を手に入れた。

現在においても、私は子供たちからは
計り知れないものを受け取っている。

屈託のない笑顔、
日々学び、成長していく姿、
わがままやだだこねだって、
親を育ててくれる極限のショック療法的ギフトなのだ。

子供たちは、私たちに、喜びと、人間性の幅という
大きなものをもたらしてくれる。


人生で何もなしえなかったとしても、
子供たちの存在は、心のよりどころになるかもしれない。

それでも私は、やはり人生で何かなしえたというものを
気づけば求めていて、社会に出て働く理由も
稼ぎのためだけでなくそこにある。


P.147
古代インドの聖典「バガヴァッド・ギーター」には

誰かの真似事の人生を完ぺきに生きるより、自分自身の人生を
不器用に生きる方がいい

と記されている。

そう、私も自分の人生は自分で選ぼう。
不器用で無様かもしれないが、それがとても私に似つかわしい。



子供を持ってなお、私はそう思う。

子供のためにつきっきりなのは、人生でやはり一時なのだ。
その一瞬は、子供のために多くを失ったように感じるかもしれないけれど。

子供たちはいずれ巣だっていく。
それからまた自分の人生が始まるのだから、
やはり、私の人生のよりどころを子供だけに
依存させては行けないのだと思う。

本当に不器用で、いつもこんなこと書いてて、
成長のない私かもしれないけど…
書くことで無意識に自分を励ましてるのかもしれない。


▼クリックいただけると励みになります
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へにほんブログ村
プロフィール

ぐるるん

Author:ぐるるん
ワーキングママのぐるるんです。
お仕事や子育てに役立つ本をメインに読書レビューしてます。

カテゴリ
最新記事
コメント
トラックバック
月別アーカイブ
おすすめリンク

全記事表示リンク
推薦リンク

お勧めカテゴリ

リンク
人気ページ

RSSリンクの表示
 | 本を読んでますTOPへ |  Next

Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX